購入後にすべきこと

すべて手作業のPC組み立て。
人のやることなのでミスはつき物です。

また、配送が挟まるのでショップはしっかり組み立てていても
到着時に不具合が起きることもありえます。

動作チェックやトラブル対応、そして今後の増設のためにも
自作PC組み立ての解説本か雑誌を1冊持っておくのをオススメします。
ネット上にも参考になるものはたくさんありますが、本のようにある程度まとまっていると助かります。


届いたらやった方がいいチェックリスト(暫定)

  1. サイドパネル開けて配線・パーツ・組み付け確認
    干渉・挿し間違い・挿し忘れ・パーツ間違い・正しくても緩んでおらずちゃんと挿さっているか(各コネクタ・メモリ・CPUクーラー)
  2. 付属品の確認(入れ忘れがないか、違う物が入ってないか)
  3. 起動確認
  4. ファン等がちゃんと動いているか確認
  5. 備考で頼んだ(パーティション等)通りになっているか確認
  6. CPU-Z等で設定(倍率等)がおかしくなってないか確認
  7. デバイスマネージャで「?不明なデバイス」がないか確認
  8. HWMonitor等で温度・ファン回転数・各電圧確認
  9. 各種ベンチマーク・負荷テスト・メモリテスト+負荷時の温度確認
  10. ドライバのバージョン、BIOSの設定確認
  11. リカバリーディスクの作成


使用ソフト(Googleで検索してダウンロード)

    • Speccy
      • システムの詳細情報の確認
    • HWMonitor
      • 温度・電圧・ファン速度の確認
    • CrystalDiskInfo
      • HDD/SSDの健康状態の確認
    • SpeedFan
      • ファン回転数の調節
    • memtest86+
      • メモリのエラーチェック
    • HDTune
      • HDDのエラーチェック
    • CPU-Z
      • CPUの設定確認
    • GPU-Z
      • GPUの設定確認
    • Prime95
      • ベンチ・過負荷テスト
    • CrystalDiskMark
      • 転送速度ベンチ
等々

メモリテストのmemtest86+はお店でも使用するソフトです。エラーがないかどうかの確認はしておきましょう。
問題が見つかったら購入店に電話またはメール、お店のスレで相談などしてください。


ドライバの確認

ドライバはユーザーが管理するものです。
マザーボードやグラフィックボードのドライバはパーツ付属のものかもしれません。
古い可能性がありますので、パフォーマンスを発揮したい場合はしっかり管理しましょう。

新しいグラボ、新しいゲーム用のドライバは更新頻度が高いです。
ただしβ版のドライバは無保証なので、自己責任で扱ってください。


BIOSの設定確認

よくわからなければ手を出さなくて良いでしょう。こちらも管理は自己責任です。
細かく説明すると項目が多すぎるので有名所だけ。

  • Boot優先度
光学ドライブが先か、HDD(SSD)が先か。

  • Boot Option
Normalか、Fastか、UltraFastか。ハード、OSが対応していないとUltraFastは利きません。

  • Fan設定
最近のマザーはファンコントロール機能がついているものが多いです。
静音を求める場合、温度に問題がない程度に絞ってみてもいいでしょう。
接続されているコネクタ次第では設定ができません。

  • SATAモード
IDE、AHCI、RAIDの3択な物がほとんどなはず。
Vista以降のOSを自分で入れる場合はIDEではなくAHCIにしましょう。


リカバリーディスクの作成

BTO でパソコンを組んだ場合には、メーカー製パソコンのようなリカバリーディスクは附属していません。
つまり、何らかのトラブルがあった際は、OSのインストールだけでなく、ショップにやってもらったドライバのインストールなども白紙に戻るということです。
万一の場合に備え、なるべくクリーンな状態のうちに、オリジナルのリカバリーディスクを作成しておきましょう。

パソコンを買ったばかりの時には、
多かれ少なかれショップにインストール作業をしてもらっています。

その後
  • 各種ドライバーのインストール
  • 別売アプリケーションソフトのインストール
  • インターネット接続設定
  • メールのアカウント設定
  • Windows Update
  • ウィルス対策ソフトの定義ファイルの更新
など、さまざまな設定をしていると思います。

その状態でのリカバリーディスクを作成しておきましょう。

定番ソフト

  • Acronis True Image
    • 売れ筋 No.1。
  • HD革命/BackUp
    • 満足度 No.1。日本のソフトメーカーが開発、サポート。
  • PowerX ActiveImage Protector
    • ダウンロード販売のみなので価格.comなどでは扱いがないが、高性能なバックアップソフト。
  • ノートン ゴースト
    • 販売終了。他のノートン製品に統合される。
  • LB コピー ワークス11
    • 最新バージョンは13(2016年9月現在)


セキュリティソフト

常時インターネット接続が当たり前の今、セキュリティには十分配慮してください。
GENOウイルスはAdobe製品などの脆弱性を利用しており、ソフトウェアのアップデートも重要です。
Windows Updateも欠かさず行い対策して下さい。

また、感染したPCから他人のPCへ感染させた場合は、その時点で加害者になります。
セキュリティ対策は必ず行ってください。

各社特徴があり、一概にどれが良いとは言えませんが、まずは体験版をダウンロードして試してみましょう。
有料ならノートンや、カスペルスキー
無料ならAvira、avast!、MSE、AVG、COMODO などが人気


自分の集めた情報を次の人へ伝達

配線


電源

電源は非常に重要なパーツですが、BTOメーカー標準電源は型番が非公開な場合があります。
買った人にしかわからないため
  • PCのモデル名
  • 搭載されていた電源のメーカー
  • 型番
  • 12Vの容量
をスレで報告してもらえると、次に買う人にとって貴重な情報となります。

特注

  • 特注できたパーツ
  • その価格
  • 特注できなかったパーツ
などをBTOスレやBTO店舗スレで教えてもらえると、今後の購入者の参考になります。














 

  • 最終更新:2016-09-15 10:15:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード